第2回 music tradeのご報告

2回「musictrade」またまた大成功!!

 

422()、第2回「music trade」を開催致しました。

前回はクロスパル新潟にて行いましたが、今回は人生座にてポットラック・パーティー(一人一品ずつ料理・お菓子などを持ち寄り分け合う)を兼ねて行いました。

おいしい料理を分け合い、共に飲食しながら音楽を共有し、前回よりもさらに楽しく素晴らしい会となりました。また、予想以上に豪華な料理がたくさん並び、お腹いっぱいになるとともに、快く協力してくださった皆様の温かい気持ちに心もいっぱいになりました。

 

そして今回は、もうひとつ共有したものがありました。

それは「助け合い」です。

先日の東日本大震災を受けて、今回はチャリティー開催とさせて頂きました。

参加費は無料とし、そのかわりに募金箱を設置し、募金を集めました。

集まった募金は、8,797円。

世間から見れば少ない金額かも知れませんが、会の規模、参加人数を考えると予想以上の金額です。少しでも被災者の方々のお役に立てるよう、早速、テレビ朝日「ドラえもん募金」に送金致しました。募金に協力してくださった皆様に、心より感謝致します。

 

そして、本来の主旨である「音楽の共有」=プログラムは前回同様、多種多様なものとなり、また、私のつたないギターや、熟練されたクラリネット、そして南米の楽器・ケーナなどによる生演奏も行われ、実に密度の濃い内容となりました。

やさしい曲に癒され、明るい曲に励まされ、楽しい曲に心がはずむ。本当に音楽の力って偉大だなあって、改めて感じました。

また、前回よりも改善・スケールアップして盛り上がったところを見ると、「市民事業家養成講座」内の実習課題である「PDCA」も実践できたと思います。今回学んだ「PDCA」の手法、あるいは「シェア(共有)」の素晴らしさを、今後の仕事や人生に生かして行きたいと思います。

 

そして、この「市民事業家養成講座」も5月末日を以て修了します。

この講座の実習として発した「music trade」は、今のところ次回の予定はありません。

しかし、新しい音楽が発見でき、音楽を通じて交流が深まり、支持してくださった参加者の皆様が素敵な笑顔になれたこの素晴らしい会を、講座が修了したからと言ってみすみす無くしてしまうのはもったいないと思います。

どんな形になるかは分からないけど、いつかきっと、第3回を開催できたらと思います。

そのときまで、もっとギターの腕を上げ、また、「music trade」で得た発見をもとに、もっともっといろいろな音楽に触れ、音楽の素晴らしさを追求して行きたいと思います。

music trade」の大成功は一重に皆様のおかげです。

本当にありがとうございました!!

 

斎藤賢一MT4.jpg