市民事業家養成講座科 修了しました!

 昨年9月1日から開講されていた「基金訓練・市民事業家養成講座科」が、5月31日を以って修了致しました。

 長いようで短い9ヶ月の期間にもいろいろなことがありました。

 講師・受講生の親交を深めようと行われた食事会や年末の忘年会、さらに「PDCA」の実習として2回にわたって行われた音楽交流会「music trade」、各々のビジネスプロジェクトを発表しあう「チャレンジ・プロジェクト2011」(東日本大震災の影響により、マスコミに公表せず内部のみで行われました)など、いろいろなイベントがありました。

 また、週1回の割合で講義とは別に会議を行い、実務に向けた具体的な話し合いも行われました。

 日常の講義に加えてそのようなイベントや会議などを行っていくにつれて、最初は硬かった受講生の皆様の表情も日を追うごとに明るくなっていき、どんどんやる気がみなぎり、前向きな気持ちになっていきました。

 ある青年は、最初は自分に自信を持てずに落ち込みがちだったのが、修了するときにはまるで別人のようにハツラツとした表情になり、ハキハキと話すようになっていました。

 そのような皆様の前向きな気持ちが表情に表れたせいか、見事に面接をクリアして就職を決める方が何人もいらっしゃいました。 また、この講座の本来の主旨である「起業」を果たした方も数人いらっしゃいます。

 そして、この講座で皆様が得た大きなものが「仲間」です。

 いろいろな経歴を持った方々が一堂に会し、9ヶ月間で親交を深め、互いに励まし合い協力し合っていく中で良き仲間となっていきました。 ここで出会った者同士でこれから一緒に仕事をして行こうという方たちもいらっしゃいます。 そうして仲間が増えることによって人脈も広がっていきました。

 

 “知識を学び、前向きな気持ちになることによって人としての魅力が倍増し、そして、仲間や人脈という宝を得ることができた” 今回の講座の成果を言い表すとこのような感じでしょうか。

 私も受講生としてこの講座に参加させて頂いた一人ですが、今まで生きてきた中で一番と言っても過言ではないほど有意義な9ヶ月間を過ごせたと思います。

 おそらく、私と同じ感想を持つ方は他にも多数いらっしゃることと思います。 中には、「夢のような9ヶ月だった」と仰っている方もいらっしゃいました。

 

 長くなりましたが、このように「基金訓練・市民事業家養成講座科」は大成功を収めて修了することとなりました。

 この成功は、熱意を持って取り組んだ講師陣と積極的に臨んだ受講生の皆様が一体となって勝ち得た結果に他なりません。

 これによって、7月20日(水)より開講予定の第2期「基金訓練・市民事業家養成講座科」に集まる皆様にいい形でバトンを渡せると思います。

 最後に、大切なことをたくさん教えてくださった講師の皆様、そして、共に学び励ましてくださった受講生の皆様、本当にありがとうございました!!

受講生・S